[ヌーラ]はシミになるのか?

[ヌーラ]はシミになるのか!?間違った使い方は衣類をダメにする!

 

 

ヌーラは市販の消臭スプレーと比べると、とても強力な消臭力で体臭やワキガ臭を無臭化させます。

 

なのでパワーが強いせいか、スプレーし過ぎたりすると返ってシミになったりと不安になる方がいると思います。

 

「何事も適度が一番」なんて言う人もいますが、ヌーラはスプレーし過ぎたりするとシミになるのでしょうか?

 

また、使用方法を間違ってしまったらどうなるのでしょうか?

 

ヌーラをスプレーし過ぎるとシミの原因になる?

 

過剰なスプレーは、シミの原因になりません。

 

それどころか逆に、ヌーラの効果が強くなり消臭効果が跳ね上がります。

 

ヌーラはスプレーすればするほど良いので、どんどん使う事を推奨しています。

 

特に臭いが気になる所(脇や、靴等)に余計にスプレーした方が良いです。

 

その方が消臭効果が強くなり、持続時間も長引き、1日中体臭に悩まずに済みます。

 

 

では、何故シミになると言われるのか?

 

スプレーをしてはいけない繊維がある

 

公式サイトにも記載されていますが、

 

ヌーラは水洗い出来る繊維だったらスプレーできますが、

 

水洗い出来ない繊維はスプレーしてはいけないとされています。

 

例えば、レーヨン、アセテート、色落ちしやすい製品、毛皮、和装品です。

 

これらの製品はシミになり易く、スプレーしない方がいいそうです。

 

ヌーラ公式サイトの[いい快互服ドットコム]より

 

 

水洗いできないスーツ等はやっぱりスプレー禁止?

 

スーツに関しては、裏地などにスプレーして色落ちやシミが起きない事を確認して問題無ければ使用してもOKです。

 

僕のスーツは問題無くスプレーできました。

 

ちなみにですが、裏だけではなく表にもスプレーしましたが特に目立った事はありませんでしたね。

 

もしヌーラを手にしてスーツに試すときは必ず、色落ち・シミが起きないのを確認してから本格的に使用して下さい。

 

 

ヌーラの他の間違った使用方法

 

ヌーラは水洗い出来ない繊維はスプレーできない事がわかりました。

 

では他に間違った使用方法はと言うと、

 

貴金属への直接のスプレーです。

 

貴金属にヌーラをスプレーすると錆びやすくなるそうです。

 

もしヌーラが指輪やネックレスに直接吹き掛かったら、すぐに拭き取りましょう。

 

 

衣類にスプレーしたら必ず乾いてから着用する

 

これに関しては絶対では無いですが、できるだけ乾いてから着用するようにした方が良いです。

 

ヌーラはエタノール(アルコール)を使用してるので、肌が弱い人はかぶれる可能性があるからです。

 

と言っても、エタノールは注射の消毒などに使われてるので誰でも触れたことがあります。

 

なので、そこまで神経質になる事では無いですが、

 

まれにエタノールが原因でかぶれる人がいるのは確かです。

 

しかし、エタノールは揮発性が高くすぐに蒸発するので、肌が弱くても完全に乾いていれば問題はありません.。

 

 

まとめ

 

ヌーラは水洗いできない繊維にスプレーするとシミができる可能性があります。

 

特にレーヨン、アセテート、色落ちしやすい製品、毛皮、和装品です。

 

スーツに関しては、裏地にスプレーしてシミ・色落ちなならないかよく確認してから使用して下さい。

 

貴金属に直接のスプレーも錆びやすくなるのでNGです。

 

 

ヌーラは体臭やワキガ臭がきつい人にとっては救世主のようなスプレーです。

 

しかし使い方を間違えると、シミや色落ちの原因になったりするので使用の際は取説をよく読んでから使用するようにしましょうね。

 


page top